ちゅらトゥースホワイトニング

沖縄で生まれた医薬部外品【ちゅらトゥースホワイトニング】

 

今なら特別モニターコース!

 

 

 

 

 1日133円で自宅で簡単ホワイトニング!

 

 虫歯リスクを減らすGTO配合!

 

 歯肉炎・口臭予防にも!

 

 

 

 

ちゅらトゥースホワイトニングは楽天・Amazonで購入できるか

まずは楽天でちゅらトゥースホワイトニングを購入できるか調べてみました。

 

 

検索しても取り扱いがありませんでした。

 

続いてAmazonで探してみると・・・・

 

 

ちゅらトゥースホワイトニングは取り扱いが無いようで、類似品しか出てきませんでした。

 

ちゅらトゥースホワイトニングを購入する場合は公式サイトが一番安心で確実なようです。

ちゅらトゥースホワイトニングは医薬部外品

 

ちゅらトゥースホワイトニングは

医薬部外品です。

 

 

医薬部外品とは「医薬品ではないが医薬品に準ずるもの」と定められています。
医薬部外品として認められるためには、国の厳しい検査を受けなくてはなりません。
ちゅらトゥースホワイトニングは、使用により改善効果があるとされる[有効成分]が配合されている医薬部外品です。

 

 

ちゅらトゥースホワイトニングの特徴

ちゅらトゥースホワイトニングはホワイトニング効果がある歯の美容液です。

歯の黄ばみを浮かせて分解させ、落とす効果があります。

 

ちゅらトゥースホワイトニングは歯をきれいにするために3つの有効成分が配合されています。
1つ目は黄ばみや着色汚れであるステインを除去する効果があるポリアスパラギン酸です。
このポリアスパラギン酸には歯が黄ばむ原因になるたんぱく質と反応する性質があるために汚れを浮かせてはがして落とすことができます

 

2つ目は歯に汚れを落とすビタミンCとリンゴ酸です。
ビタミンCには歯の汚れを取り除くだけではなく、歯と同じくらい大切な歯茎を健康にしてくれる効果があります。またリンゴ酸は、歯に汚れが付きにくくなる効果があります。

 

3つ目はGTOです。
GTOってあまり聞きなれないですが、このGTOというのはウーロン茶からとれたエキスと桑科の植物からとれたホップエキスからできた新成分で、このGTOが虫歯を発生させる大元を阻害させて虫歯になりにくくします

 

 

ちゅらトゥースホワイトニングのデメリット

 

ちゅらトゥースホワイトニングは歯のホワイトニングを助けてくれる歯の美容液です。家で毎日の歯磨きをしたあとに、このジェルを塗布するだけで白い歯にしてくれる濃密なホワイトニング成分が入った美容液ジェルです。たくさんの濃密な成分が入っていることと、使いやすいジェル状にしたことで効果が出やすくなっています。ただ、デメリットもあります。まず、歯を白く導いてくれるということですが、もともとの歯の白さ以上に白くなるという効果はこのちゅらトゥースホワイトニングにはないようです。しかし、いろいろな着色成分でついてしまった汚れを取ってくれて、再度同じように着色しないようにするというのがこのちゅらトゥースホワイトニングの役目になります。もともとの歯よりももっと白くしたいという人にとっては物足りなく感じるかもしれません。またもう一つのデメリットとしては価格でしょうか。1本税込みで5387円とすことお高めになっています。ただし、定期購入をすれば20パーセントオフになりますので税込みで4298円になります。がやはり少し高いでしょうか。また定期購入をする場合は最低でも3回は継続しなくてはなりませんのでやはり少し痛いですね。

ちゅらトゥースホワイトニングの成分

 

リンゴ酸

 

リンゴから発見されたことからリンゴ酸と名付けられたリンゴ酸は、歯の汚れを浮き上がらせるとともに、浮いた汚れが再び歯につきにくくしてくれます。

 

 

 

ビタミンC

 

柑橘類から多く取れるビタミンCは、歯の汚れを取り除いてくれる成分であると共に、歯茎の健康にも役立つ口の中のトータルケア成分です。

 

 

 

GTO

 

ウーロン茶抽出成分とホップエキスからできた新成分GTOは、むし歯発生の元凶であるGTaseを阻害するので、虫歯リスクを大幅に軽減してくれます。

 

 

爽やかな使い心地!爽快成分配合!

ビタミンCやリンゴ酸由来の味に加えて、歯に影響のない天然由来の甘みなどが、さわやかな使い心地を与えてくれます。

ちゅらトゥースホワイトニングに含まれるPAAポリアスパラギン酸の働き

PAA(ポリアスパラギン酸)とは、歯の黄ばみや口臭、虫歯予防などお口の中のトラブルを解決するサポートをしてくれる成分です。
そもそもポリアスパラギン酸とは一体、何なの?という方もいらっしゃることでしょう。ポリアスパラギン酸はアミノ酸のアスパラギン酸がつながった形をした高分子です。
一般的な歯磨き粉には研磨剤と呼ばれる成分が含まれていて、この研磨剤で歯の表面についた汚れをヤスリで磨くようにして落としていきます。
これに対してポリアスパラギン酸の場合は、分子の中にお口の中の汚れを捕まえやすい部分が存在していて、歯の表面の汚れに吸着することで包み込むように除去していくのです。
ポリアスパラギン酸には口臭や歯の汚れの原因となるたんぱく質に反応して固まるという性質があることから、一度包み込んだ汚れは再吸着しないので、効率よくお口のケアを行うことができます。
そのため、効率よく手軽にホワイトニングができると高い評価を得ているのです。

 

ちゅらトゥースホワイトニングには虫歯リスクを減らすGTOを配合

 

私たちの口には、ミュータンス菌が住んでいて、食事をすると、歯の表面や隙間に残った食べ物のかすをミュータンス菌が分解してグルコシルトランスフェラーゼ(不溶性多糖類合成酵素)という酵素を作りだします。

 

この酵素がグルカンというネバネバとした物質となって歯の表面に付着してプラークとなり、虫歯を作っていくのです。
のGTOは、ウーロン茶とホップから抽出されたエキスを原料とするものであり、ウーロン茶ルやビールの原料となるホップに含まれるポリフェノールには虫歯の発生を低くするというパワーを活かした口腔ケアのための新成分です。

 

GTOはグルコシルトランスフェラーゼのはたらきを抑える効果があるので、虫歯そのものができにくい環境を作りだすサポートをすることができます。
また、プラークは歯垢の原因となるものでもあるので、歯をツルツルにする効果もあります。
GTOの原料はウーロン茶とホップだから、からだにも優しいので、安心して使うことができるのも嬉しいところですよね。

 

ちゅらトゥースホワイトニングには歯茎を健康に保つアラントインが配合

 

お口のトラブルで多いのは虫歯だけではありません。歯を磨くと血が出たり、歯茎が赤く腫れる、歯がぐらついているなどの症状を招く歯肉炎や歯周病の予防は自分の歯を維持するために不可欠なものとなっています。
アラントインは、コンフリーの葉や小麦の芽、タバコの種子などの植物に多く見られる成分です。
傷ついた粘膜や皮膚など組織修復作用や炎症を抑える効果ががあると認められ、デンタルケア用品の他にハンドクリームや敏感肌用の化粧品などに配合されています。
デンタルケア用品において、アラントインは医学部品研磨剤に分類される成分とされています。アラントインをデンタルケアに用いることで、歯茎からの出血を抑えたり、傷の治りを早める働きがあるとされています。
また、一般的な虫歯や歯肉炎、歯周炎、歯周病、歯槽膿漏、口臭予防などに効果を発揮します。ただし、十分にアラントインが持つパワーを発揮するためには、正しい使用方法を守るようにしましょう。

審美歯科でホワイトニングする場合の流れ

 

着色効果のある飲み物やタバコ、そして毎日3回の食事などによって、私たちの歯は日々汚されています。

歯をきれいにしようと思って時間をかけて丁寧に磨いてみるけれど、なかなかその汚れは取れないということでお困りの方、多いようです。
最近では、虫歯や歯周病の治療を行っている一般的な歯科医院ではなく、このような歯の汚れを除去するための審美歯科が増えてきています。

 

では、審美歯科でホワイトニングをするにはどのようにしたらいいのでしょうか?

 

審美歯科では予約者のみの治療しか行わないところもあるので、まずは予約の電話をしてみましょう。
受診の際には、必ずホワイトニングに関しての説明を行って、本人の理解と同意を得るようになっています。
これができてから実際に口の中を検診していきます。
そしていよいよ治療に入っていきます。

 

ホワイトニングの前に歯口腔内全体の歯石を取るなどの清掃を行って言います。
その後、歯の色や明るさ、沈着汚れの確認、ホワイトニング前の歯の撮影で現状を確認します。
そしてホワイトニング剤をマウス取れに注入してホワイトニングを開始します。
指定の時間を経過すればホワイトニング終了です。
最後にアフターメンテナンスの説明を受けたら終了です。

審美歯科のオフィスクリニックの流れ

歯を美しく見せたい、より白く清潔感あふれるようにしたいと考える方が増えているといいます。

 

日本では1991年にホワイトニングの薬剤が開発されていますが、国内での認可をうけることができず、米国で使用されるようになったという背景もあり、現在審美歯科で使用されているホワイトニングに関する薬剤は米国製が中心となっているようです。

一般的に審美歯科でホワイトニングを受けることをオフィスホワイトニングと呼んでいます。
受診の際には、虫歯の有無や歯の状況など目視やレントゲンでチェックをします。
着色や歯石を除去した後、ホワイトニングの薬剤を塗布し、光を当て、洗い流すという工程を行っていきます。
1回のホワイトニングで30分から1時間程度を要するとされて、一週間後と二週間後にまた同じ工程を繰り返します。
ホワイトニングをした後は新たな着色を防ぐために30分から1時間程度は飲食を避ける必要があります。
1度のホワイトニングでも効果を得ることができますが、3回繰り返すことでより高い効果を実感できます。

 

ホワイトニングは健康保険外の治療なので、クリニックによって費用が異なるので、事前に確認しておくことをお勧めします。

審美歯科のホームクリニックの流れ

ホームホワイトニングとは、その名の通り、自宅でホワイトニングを行うことです。
審美歯科を通してホームホワイトニングするというのは、医師など専門家の指導に従って歯を白くしていくものです。

 

ホームホワイトニングの場合、マウスピースを使用する必要があるので、審美歯科で自分の歯に合ったマウスピースを作成します。
マウスピースの作成には3〜4日または1週間ほど要すため、ホームホワイトニングを実施する前に受け取っておく必要があります。
受け取りの際にはホワイトニング剤も一緒に受け取ることとなります。

 

ホワイトニングの準備ができたら、装着前に歯磨きをして汚れをしっかり落とします。
その後、マウスピースに薬剤を塗布してマウスピースを上下の歯に装着します。

 

薬剤には寝ている間にホワイトニングを行うナイトタイプと日中30分から1時間装着するデイタイプがあります。
ホームホワイトニングは毎日行うのがベストなので、自分のライフスタイルに合わせて選ぶようにしましょう。

ちゅらトゥースホワイトニング体験談

コーヒー、紅茶、お茶、ワインなどが好きなので、歯がすぐ黄ばみます。
高校生の時は、ドラッグストアなどに売られている歯のホワイトニング用の液体を買ってきて、歯にその商品を塗って出かけていました。
ですが、不自然な白さを感じがしたので、結局続かなかったです。

 

歯のステインを取る歯の消しゴムも使ったことがあります。
あまり取れた記憶はないです。

 

社会人になっては、ワインを飲むようになって、さらに歯が黄ばみました。
3か月に1回は歯医者に行って歯の汚れを取ってもらうようにしています。それと同時に、
歯医者から勧めてもらった歯に黄ばみが付きにくい歯磨き粉で毎日、歯磨きしています
黄ばみは付きにくくなりましたが、それでも1か月すると黄ばんでくるのでホームホワイトニングをすることにしました。

 

ホワイトニング効果ももちろんですが、口に入れるものなので、安全性も考え、厚生労働省が認可しているというちゅらトゥースホワイトニングを選びました。
ちゅらトゥースホワイトニングは普通にハミガキした後にちゅらトゥースホワイトニングの薬剤を歯ブラシにたらしてもう一度ハミガキをするという方法でホワイトニングします。

 

ちゅらトゥースホワイトニングを初めて1か月になりますが、前回歯医者でクリーニングをしてもらった直後に始めたのですが、その状態を維持できてます。
このまま、継続していけばさらに白くなるのではないか?と期待して毎日ちゅらトゥースホワイトニングで歯を磨いています。

タバコは日20本、お酒(特に赤ワイン)をほぼ毎日とよく飲むので、歯の黄ばみは常に気にしています。
煙草を辞めることはできないので、普段からホワイトニングケア商品の購入など歯の美白への意識は高い方だと思っています。
それでも、着色等のくすみ、黄ばみ、現在46歳で加齢による黄ばみが気になります。

 

普段のケアーとしては歯磨きは電動歯ブラシを使用し、週に一度の割合でヤニトリ効果の高い粉末状の歯磨き粉を綿棒につけ歯の表面の汚れ落としをし、月一程度で消しゴムタイプのヤニトリなども使用しています。
歯磨き粉も墨の力で落とす!ステイン落としに効く!ヤニトリ効果の高いと謳われている商品を様々に組み合わせて利用しています。

 

3ヶ月毎に歯医者にて歯石とりなどのクリーニングをして歯の表面の汚れ落としと歯の裏のヤニトリをしています。
即効性のある歯のマニキュアも試したことがあるのですが、液が乾くまで口を開けていなければならず、時間がかかり面倒な事と、飲食するとまばらにハゲてかえって黄ばみが目立つ気がして使用をやめました。

 

それでも、なかなか黄ばみは取れないので、自宅でできるホワイトニングを行うことにしました。
選んだ薬剤は、厚生労働省が認めるというちゅらトゥースホワイトニング。

 

普通にハミガキをするだけでホワイトニングができるという手軽さが気に入ってます。
ホワイトニング効果も、即効性はないものの、徐々に白くなってきているのでこのまま続けていこうとおもってます。

私は、保育士なので、人と話したり笑ったりとにかく話すということがとても歯が白いことは大切だと思っています。
特に子供たちの親からの印象は大事なので、歯が白すぎると相手から引かれること間違いなしですし、歯が汚いと相手から、「不潔」、「だらしない」、「笑わないで」とかきっと、かなり評価を落としていることと思うからです。
ですから、歯の色・口臭などバランスをとても大切にしています。
特に歯の黄ばみがひどいと、なかなか口をあけてしゃべれません。

 

ホワイトニング効果がある歯磨きで毎日していますが、飲み物でも歯の黄ばみはついてしまいます。
歯を白くしたいけど病院でホワイトニングをするほど費用はかける事ができないし、逆に真っ白になると違和感が出るので心配です。
そんな時に出会ったのが、ちゅらトゥースホワイトニングです。

 

ちゅらトゥースホワイトニングは自分の納得いくレベルで歯を白くすることができるのが気に入っています。
白くなりすぎたと思ったら使用するのを辞めればいいだけですし、黄ばみが出てきたらまた使い始めればいいというのもいいです。
また、ちゅらトゥースホワイトニングは歯を白くするための手間がかからないのもいいです。

 

定期的に、歯科医へ行って、歯石除去をするのが望ましいかと思います。また常日頃から、カレーやワインなどの着色しやすい物を食べた後は、すぐに口をすすぐだけでも着色予防になるかと思います。
市販の歯磨き粉だと、タバコのヤニなどしつこい汚れを溶かして除去するには、セッチマはみがき、ルシェロ歯磨きペーストホワイト、歯の表面の着色汚れを浮かせて取るには、薬用ポリリンジェルwx、アクアフレッシュ エクストリームクリーンwホワイトニング、歯の再石灰化を促すには、アパガードMプラスが良いようです。

 

私自身は、これらの歯磨き粉は使ったことがないので、どれだけの効果があるのかはわかりませんが、雑誌で紹介されていることが多いです。
また、食後やお出掛け先でも汚れを除去できて、水入らずですぐに使えるポリリンキューブ、袋から取り出してさっと磨くキューブホワイト、歯の表面の穴に入り込んだ汚れを効果的に取り除くクリアデント 歯のピーリングスポンジが紹介されています。

 

 

http://www.nemosreefcheats.com/
http://www.gdbim31.com/
http://www.childs-play-inc.com/
http://www.directorykorean.com/
http://www.ilovelukeandandrea.com/
http://www.aorticbooks.com/
http://www.pine-scented.com/
http://www.curlyourtoes.com/
http://www.lovepinkstilettos.com/
http://www.griyafurnitureminimalis.com/
http://www.fotostalker.com/
http://www.bodywrapsthatworks.com/
http://www.investinfx.com/
http://www.earsoundhelp.com/
http://www.geminiedu.com/
http://www.mobilya-cizimleri.com/

http://www.sxswiki.com/
http://www.mjpaintedranch.com/
http://www.anonylinq.com/

更新履歴